プリンターのインクの交換について解説します

プリンターにはインクの交換時になると教えてくれる機能があります。そのため、残量表示の目盛を気にせずに使い続けても問題ありません。ただ、最後までインクを使い切ると考えている場合は、5枚程度で止めておいたほうがいいです。なぜなら、印刷の途中で赤や黒のインクが切れてしまうと、色が途切れた印刷結果になってしまうことがあるからです。また、古い機種のプリンターには、教えてくれる機能がついていないこともあるので注意です。プリンターのインクを処分するには、インクを販売している家電量販店かホームセンターに行きましょう。家電量販店は店に入ってすぐの所に回収ボックスがあるので、その中へ入れます。ホームセンターは商品の陳列と同じで、回収ボックスの場所を変更することがあるため、店員に場所を聞いたほうが無難です。

プリンターはインクの交換が必要になると教えてくれる機能がある

プリンターには残量表示がありますが、見なくても特に問題はありません。その理由は、プリンターを普通に使用していてインクの残量が少なくなってくると、インクの交換が必要ですと表示される機能があるからです。その時は、残量表示の目盛が一番低くなっている状態なため、すぐにでも交換したほうがいいです。最後まで使い切ると考えた時は、5枚ほどで止めておいたほうが無難です。なぜなら、印刷の途中で黒や赤い色が出なくなる恐れがあるからです。速やかに交換をして、その後に印刷作業をしたほうが良い結果につながりやすいです。10年以上前の古い機種の場合は、そういった機能がついていない場合があるので注意です。機能がない場合でも目盛表示は備えていることもあるため、判断の際の基準になります。

プリンターのインクを処分する時は家電量販店かホームセンターで

プリンターのインクを交換すると、以前まで使用していた分は空となったことから、処分をする必要が生じます。処分をする場所は、インクを販売している家電量販店か、ホームセンターのどちらかへ行くと見つかります。家電量販店の場合は、店に入ってすぐの場所に回収ボックスがあるので、その中へ入れます。ホームセンターの時は、店内に回収ボックスが設置されてはいますが、見えにくい場所に置かれていることもあります。探していて見つからない際は、店員に事情を説明して、置いてある所へ連れて行ってもらうと良いです。見つかった時は店員にお礼を言うと喜ばれます。回収ボックスは、家電量販店なら設置場所を変えることはないですが、ホームセンターの場合は、店内の商品陳列と同じで場所を変えることがあるので注意です。