プリンターのインクの種類などの知識を紹介します

プリンターのインクにはいくつかの種類がありそれぞれ特徴があるので、実際に利用をするときには特徴を理解した上で使うのが一番です。プリンターの持つ本来の性能をフルに発揮することができるものが純正品となり、最も本体と相性のいいものがこれになります。ただし、欠点としてその他のインクと比較をしてかなり割高となってしまうので、印刷品質などを求めないものを大量に印刷する場合には不向きなものとなっています。次に品質は純正品に劣るものの価格が、格段に安い社外品である互換インクや詰め替えインクといったものがあります。これは他社が勝手に作り出した製品であるだけに品質面では純正品には及びませんがコストが半分からそれ以下にすることもできるので費用を抑えたい時に適しています。

プリンターは純正品を使用するのが基本

プリンターの持つ性能を最大限に発揮して、いつまでも問題なく使用をしていきたいと考えるのであれば純正品を使うのが一番です。純正品の欠点というのは値段の高さにありますが、逆に言えば欠点というのはそれしかなく金額の問題がないのであれば純正品を使うのが一番良いのです。メーカーも純正品を使用することを前提としているので、純正品を使用した結果として何か問題が起こった場合には保証期間内はしっかりと無償で修理をしてもらうことができるので、高価なプリンターを購入したときほど純正品を使うのが安心となります。コストが嵩むといっても大量に印刷をする人でもなければ、一枚あたりにかかるコストというのはそれほど大きなものではないのであまり気にする必要のあるものではありません。

価格がとにかく安い社外品のインク

純正品と比較をすると品質面での見劣りをしてしまいますが、価格がとにかく安い社外品のインクがあります。社外品にはカートリッジに入っていてそのまま本体に取り付ければすぐに使うことができる互換インクや、カートリッジにそのままインクを詰め替える詰め替え用があります。詰め替え用は手間がかかる一方で非常に安いのが魅力であり、コストを十分の一近くにまで抑えることができるものもあります。ただし、注意が必要なことは社外品を使った結果として本体が故障してしまったという場合には、メーカーからの補償が受けられなくなってしまうので高くついてしまう可能性があるということです。そのため、社外品を使う場合には保証がすでに切れているものを使い潰すつもりで使用をするのが適しています。